よくある質問

ホーム > よくある質問

よくある質問

どんな車を扱っていますか?
輸入車から国産車の新車、中古車、全メーカー全車種を取り扱っております。煩わしいディーラー巡りをしなくてもいいですよ。
新車を購入する場合、ディーラーより値引きが大きいですか?
ご希望のお車をお知らせ下さい。当社取引先のディーラーに交渉致します。またすでにディーラー等でお見積りをされている場合、お見積りをご提示下さい。それよりも条件アップでディーラーに交渉いたします。尚、ディーラーによっては特別な施策にて条件提示している場合がありますので、その場合はご了承願います
下取はしてもらえるのですか?
厳格な査定基準にて査定させていただきご希望に沿うよう下取価格をご提示させて頂きます。
クレジットでの購入はできますか?
車輌代、登録諸費用全て込みの頭金なしオールローンもご利用頂けます。金利はクレジット会社の規定によります。
中古車の在庫はありますか?また希望の中古車を取り寄せてもらえますか?
展示スペースの関係上、中古車在庫は保有しておりません。当社では複数のオークション会場に入会しております。日本全国のオークション会場よりご希望のお車をお探しいたします。また近隣のオークション会場であれば現車確認も可能です。
オークションで購入した場合、キャンセルできますか?
キャンセルできません。事前によく検討してご購入下さい。
中古車を購入した場合保証はありますか?
新車からの保証が残っている場合はその保証を継承登録すれば各ディーラーにて保証修理が受けられます。尚、新車保証の期限がきれている中古車の場合、当社にて保証を付加いたします。その場合、納車より3ヶ月または走行3,000キロまでです。また販売条件によっては保証を致しかねる場合があります。(並行輸入車、特殊車、改造車など)
中古車の買取りはしていますか?
厳格な査定基準にて査定させていただきご希望に沿うよう買取り価格をご提示させて頂きます。
購入時にいろいろなオプションパーツを装着したいのですが?
ご相談ください。オーディオからナビゲーション、ETC、ウィンドフィルム施工、ボディーコーティングなど何でも取り扱っております。
購入後のメリットはありますか?
当社ではオイルメンテナンスにおいて年間4,500円で3回のオイル交換ができる「オイル会員」に入会できます。1回のオイル交換のオイル量も無定量ですからオイル量の多い車種は超お値打ちです。
民間車検場とは…
国土交通省が認める、民間指定工場のことで、国にかわって車検手続きが出来る工場です。民間車検場には、完成検査をする検査員・検査設備および整備設備・整備技術者・管理組織をそなえていることが条件となります。民間ですので、国の機関が休日の土曜日等にも検査が出来るのがメリットです
なぜ定期点検整備が必要なんですか?
定期点検整備は車の故障を未然に防ぎ、また、車の性能維持を図るために行う予防整備のことで、いわば「車の人間ドック」のようなものです。 定期点検を行うことは車の健康を維持し、寿命を延ばす秘訣になります
車検と定期点検整備の違いはなんですか?
簡単に違いをいえば、 車検は一定期間ごとに国が行う検査で、 定期点検整備は、車の健康状態を定期的にチェックし、必要に応じて整備を行うことです。
車検は、あくまでもその時点での車の安全面や公害面が基準に適合しているかどうかを、テスターや目視などによって検査するもので、次の車検までの安全性が保証されているものではありません。
それに対して、定期点検整備は、車のトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、点検の結果、不具合箇所を整備します。その際、部品の摩耗などにより近々不具合になる恐れがある箇所についても、故障が発生する前に整備をして、一定期間の安全性等を担保するものです。
トラブルのない快適なカーライフを楽しむためには、定期点検をきちんと受けて、安全性を確認し、悪い箇所は整備しておくことが大切なのです。
整備事業場で行う車検とユーザー車検や代行車検との違いはなんですか?
ユーザー車検とは、ユーザー自らが国の車検場に車を持ち込み、車検を受けるもので、 代行車検とはユーザーの皆さんに代わって、代行業者が車検を受けるというものです。
整備事業場では、定期点検および点検の結果、必要となった整備を実施し、安全面、公害防止面を十分に確認したうえで車検を受けるという違いがあります。
ユーザーに車の「保守管理責任」があるという観点からも、きちんと点検・整備を実施してから車検を受けることが望ましいといえます。
なお、整備事業場では、定期点検を実施した車には、整備保証をしておりますので、引き続き安心して車を使用できます。
定期点検整備とは、どういうところを点検・整備するのですか?
定期点検整備には1年(12か月)点検と2年(24か月)点検があり、故障を未然に防ぐための予防整備、また、ドライバーの安全維持と公害防止のために行うという、大変重要なものです。
2年点検の代表的な点検項目は次のとおりですが、整備事業場では、プロとしての知識と技術を生かしてきびしくチェックし、必要に応じて整備を行います。
12ヶ月点検は必要ですか
特に12ヶ月だから点検を…という意味ではなく、新車から1年経ち2万キロだからです。というのも年間2万キロ、初回車検までに走行条件がほぼ同じであれば、6万キロになりますよね! その前に消耗品の交換時期を迎えるパーツは、少なからず有るハズです。だから点検をおこない、予防措置をする訳です。
車検がすでに切れている場合はどうすればいいですか?
車検がすでに切れている場合は公道を走ることができません。
他府県のナンバーでも車検できますか?
もちろんできます。ただし、納税証明書がない場合は取り寄せる時間がかかります。よく確認してからご予約ください。納税証明書を紛失された方で加盟店にご依頼される場合は、手数料が別途必要です。
民間車検工場とは?
地方運輸局長からの指定を受けて、国の検査場と同等の検査を実施できる指定整備工場のことです。
車検はいつから受けられますか?
車検は車検満了日(車検が切れる日)の1ヶ月前から受けても、次の車検はその車検満了日から数えて2年後となります。安心してご予約ください。予約なら3ヶ月前からでも受け付けしております。
ユーザー車検とは何ですか?
ユーザー車検とは法律に基づいて自動車の使用者(ユーザー)自ら点検し、国の検査場に継続検査(車検)を受けに行く事です。検査は、ブレーキテスタや排気ガステスタなどによる機器検査と、外部から部品の破損等を検査する目視検査等の方法により、検査の時点の安全面や公害面を検査するものです。
したがって、ブレーキ内部の劣化や摩耗の確認などは行いませんので、車検後の車の安全性は全て保証されるものではありません。そして、その安全性の責任は、ユーザーが管理するというのが今のユーザー車検です。
ユーザー車検代行とは何ですか?
ユーザー車検代行とは、法律に基づいて、自動車の使用者(ユーザー)のかわりに第3者が点検し委任状を持って、国の検査場に継続検査(車検)を受けに行くことです。初期は、アルバイト気分で大学生が友人の車の車検を代行するなどの例が多く、車検を通すだけで儲かる商売として脚光を浴びましたが、その後、点検を行わない一部の業者など、ご利用されたお客様の車検後の不具合が多発し、代行業のモラルが問われるようになり、今では、そのような業者は少なくなりました。
車検に不合格になることがありますか?
違法改造車は当然不合格ですが、正常な車でも、マフラーの損傷が大きいもの(補修不可能)、フロントガラスのひび割れ、各灯火類の破損などがあった場合、車検に不合格となる場合がございます。不調な車、事故車などは、事前の整備が必要です。前もってご相談ください。
不合格になった時は、どうなりますか?
不合格の場合は、当社のプロのメカニックが不良箇所についてわかりやすくご説明いたします。当日不良箇所の整備が完了した場合は、そのまま車検を合格いたしましてお帰りになる事ができます。
小さな整備で済む場合は、すぐに整備し、車検を完了いたしますので、少しお待ちいただくだけで結構ですが、大きな整備が発生した場合は、お車をお預かりして整備を実施し、車検を完了いたしますので、翌日の夕方にお渡しする事ができます。(土曜日に入庫の場合は、月曜の夕方になります。)
追加整備にかかる費用を知りたいのですが?
車検に合格するための最低限の安全性を守るために、どうしても交換しなければならない部品が出てまいります。実際にお車を分解し、詳しく点検しないとわからないのが現状です。ただし、追加整備がある場合は、プロのメカニックがわかりやすくご説明し、併せて料金のご案内をして、お客様のご了解を得てからの作業となりますので、ご安心下さい。
車検当日必要なものは?
車検証、自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)、納税証明書、印鑑(認め印)、車検費用(自賠責保険料、重量税、検査登録印紙代、検査代行手数料)、リサイクル預託証明書(見預託の場合リサイクル料金が必要です。事前にお調べ致しますのでお問い合わせ下さい。)
以上お忘れのないようお願いいたします。
輸入車の取り扱いについて
輸入車つきまして、部品手配・整備機器の都合上、1日車検をお受けできない場合がございますので、予めお問い合わせ下さい。
法人車の取り扱いについて
法人車につきましては、工場にご来店いただけることやお車の使用者が明確であるか等々の条件がございますので、予めお問い合わせ下さい。
車検証はいつもらえるのですか?
当日、車検終了後、1週間以内にお客様にお渡しいたします。その間車検証の代わりとなる保安基準適合標章をフロントガラスに表示します。車検証を受け取り後は車検証ケースに入れて、車内に保管し、ステッカーをフロントガラス上部中央に内側から貼り、保安基準適合標章は、破棄して下さい。
車検後のアフターフォローはどうなっていますか?
次回の車検や定期点検のご案内を、はがきや電話等でご案内いたします。また立会い説明の時に、お客様とご相談いたしました後日整備の時期になりましたら、はがきや電話等でご案内させて頂きます。お車の調子の悪い時や、突発的な故障、事故等にも迅速にご対応させていただきますので、ご安心ください。お気軽にご連絡ください。
仕事があるのでウィークデーは車検に持ち込めないので、引き取り、納車はしてもらえますか?
基本的に朝、引き取り、夕刻納車になります。また名古屋市内であり、基本車検作業以外に多数の部品交換及び修理作業が発生しない場合に限ります。またお客様とご相談のうえ対応させて頂きます。
土曜、日曜日は営業していますか?
土曜日は通常営業日ですが日曜日は休業日です。
代車は貸してもらえるのですか?
代車は予約制にて無料にてお貸し致します。台数に限りがありますので予めお問い合わせ下さい。
車検費用の見積りはどうなっていますか?
事前にお問い合わせ頂ければ、ご予算に合わせてお見積りさせて頂きます。またお見積りは入庫時でも可能です。
代金の支払いはどうなっていますか?
車検入庫時に諸費用分(自賠責保険料、重量税、検査登録印紙代、検査代行手数料)を頂きます。尚、納車時に整備代、交換部品代をお支払い頂きます。
クレジットの利用は可能ですか?
可能です。当社取り扱いのクレジット会社の車検ローンを利用頂けます。尚、支払い回数は24回までとなっております。
クレジットカードは使えますか?
以下の提携カードをご利用頂けます。(UFJカード、マスターカード、VISA、ミリオンカード)
オークション代行車両販売・リース車検点検・整備鈑金・塗装会員制度アクセス